utsuwa-MOKURI

益子町の陶芸作家・川崎萌、栗谷昌克の作品、
MOKURIオリジナルブランド「ubusuna」を販売するオンラインストアです。

 
Instagram
 
Twitter
 
facebook
 
メールはこちらから
 
メールはこちらから
img20190715233905943039.jpg 1585530730710.jpg img_8610.jpg img_2357_r.jpg img20180701231734756073.jpg img20190919122806286090.jpg img20190919103909869520.jpg img20190919103521702215.jpg img_5569.jpg img20181114130759312801.jpg img20181114125424664475.jpg img20200427213003258994.jpg img20181114123859663434.jpg img20190919100822559274.jpg img20180708211304596892.jpg img20180703234029416325.jpg img20180703233749215744.jpg img20180701231741364198.jpg img20180708211304585995.jpg
utsuwa-MOKURI

うつわ選びで暮らしが変わります。

img20190715233905943039.jpg img_8610.jpg img20180701231734756073.jpg img_7975_r.jpg 1585530730710.jpg img20190919103909869520.jpg img_2357_r.jpg img20190919094155146132.jpg img_4933_r.png img_2840_r.jpg img20200427213003258994.jpg img20180701231741364198.jpg img20190919122806286090.jpg img_4869.jpg img20190919100822559274.jpg img20181114125424664475.jpg img20181114130759312801.jpg img_5569.jpg img20180703234029416325.jpg img20180708211304585995.jpg
utsuwa-MOKURI

うつわ選びで暮らしが変わります。

 
utsuwa-MOKURI

Fresh green sale

無事終了致しました。
たくさんのご来店ありがとうございました。

 また何かの機会にセールやオンラインストアならではの企画を考えたいと思います。
ご期待ください!
utsuwa-MOKURI

utsuwa-MOKURIは益子町の陶芸作家・川崎萌、栗谷昌克の作品、MOKURIオリジナルブランド「ubusuna」シリーズを販売することを目的としたオンラインストアです。
 
utsuwa-MOKURIについてもっと詳しく知る>about

utsuwa-MOKURIは益子町の陶芸作家・川崎萌、栗谷昌克の作品、MOKURIオリジナルブランド「ubusuna」シリーズを販売することを目的としたオンラインストアです。
 
utsuwa-MOKURIについてもっと詳しく知る>about

What's New お知らせ

メルマガ登録のフォームを設置いたしました(ページ上部)
今後、新アイテムの追加やセール企画などの情報を不定期に配信いたします。
お気軽にご登録ください。
 
※メルマガの配信を希希望される方で受信メールのドメイン指定を設定している方はメルマガが迷惑メールに振り分けられないように【@utsuwa-mokuri.com】のドメインを事前に登録しておいてください。
※当社では皆様のプライバシーを最大限尊重しておりますと同時に、皆様から頂戴した個人情報につきましては、いかなる組織または会社とも共有致しません。

Fresh green saleが5/20を持ちまして無事終了になりました。
たくさんのご来店ありがとうございました。
今回初となるセールでどうなることかとドキドキしておりましたが、盛況のうちに終了となり、心より嬉しく思います。
まだまだ先の見えないコロナショックの真っ只中、少しでもうつわで皆さんの暮らしが潤えば、とあれこれ企画しましたが、お客様から寄せられたメッセージで逆にこちらがたくさん元気をもらいました( ;∀;)
 
オンラインストアならではの今回のようなセールやミニ企画、実際の展示とオンラインストアを結びつけたクロス企画等、今後も色々と出来そうで想像が膨み、だいぶ楽しくなって参りました♪

アイディアがまとまったらまたサイトやSNS上でお知らせいたします。
 
utsuwa-MOKURIをどうぞ今後ともよろしくお願い致します。
 
重ね重ねありがとうございました!

 ・アウトレット たねボウルが在庫再々追加となりました。
・新着のアウトレット4種追加
新着アウトレット4種はそれぞれ在庫が極小ですのでお早めに!
たねボウルの追加も今回はこれが最後です。お見逃し無く!

好評につき、SOLD OUTが出ていた川崎萌のアウトレット作品数種の在庫追加、および新しい種類のアウトレットを若干数追加しました。
いずれも在庫僅かですので早いものがちとなります。
セール期間中、更に追加があると思いますので、その際にはまたSNS等でお知らせします。お見逃し無く!

すでにSOLD OUTのものや在庫わずかなものが出てきてご迷惑をおかけしていますが、途中追加もありますのでSNSやページをマメにチェックしていただけると嬉しいです。
 

Kuri Cafe オリジナルブレンド「栗」珈琲豆プレゼント企画について

対象商品:カテゴリー「コーヒーのうつわ」内のアイテムすべて(アウトレット品は除く)
基本的に豆で発送しますが、挽いた状態をご希望の方は注文時の特記事項に必ずその旨を明記してください。
(※鮮度を保つために豆のままをオススメします)
プレゼント用の豆がなくなり次第、この企画は終了となります。
 

新型コロナウィルス感染拡大の影響に関しまして

GW中は連休の影響も相まって運送の遅滞が想定されます。
通常時よりも数日ほど時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

アイテムの入れ替えや追加作業の都合上、28日の夜からちらほらと新アイテムがサイト上に並び始めます。
アイテムを見ることは可能ですがカートに追加出来るようになるのは29日に日付が変わってからになりますのでご了承ください。

4月18日から開催されている、道の駅ましこの企画展示にubusunaシリーズ、川崎萌、栗谷昌克の蓋物作品が出品されています。
緊急事態宣言が発令されている状況を考えると、ぜひいらしてください、とは言いにくいのですが、道の駅にお買い物にいらした際にはご覧になってください。
 


 

FUTAMONO
~魅惑のアイテム・蓋物~

魅惑のアイテム「蓋物」。
陶の里ならではの多種多様の蓋物作品を展示販売する小企画を開催します。
蓋物に焼き菓子をセットで販売する益子町内の焼き菓子店とのコラボ企画もあります。
 
開催時期|
2020.4.18(土)~6.7(日)
時間:道の駅ましこオープン時間(9:00~18:00)

参加作家|
浅田恵美子 岩下宗晶 ubusuna 大髙正希 勝田恭司 加藤博史 加藤麻里
川崎萌 栗谷昌克 近藤康弘 清水秀輝 薄田いと 鈴木恵深 菅谷太良
樋口早苗 堀水達雄 堀水小夜 本橋里美 横尾聡 吉田丈(20名)
コラボ企画参加店|益子の焼き菓子店
泉’s Bakery Boulange770 tomot 手仕事工房そら 益子友愛洋菓子店(5店)
 
主催|道の駅ましこ
企画・準備|株式会社オフィスましこのね
 
道の駅ましこ
〒321-4225 栃木県芳賀郡益子町長堤2271
TEL 0285-72-5530 / FAX 0285-72-5531
営業時間 9:00 〜 18:00(定休日 毎月第2火曜日)
 

当サイト内の川崎萌の作品のお取り扱いに関しまして今後、新作も含め当面は「不定期販売」という形にいたします。
入荷の際はSNS等でお知らせいたしますので、チェックをよろしくお願い致します。

2月26日から始まる丸善日本橋店での大企画展に川崎・栗谷の両名が出品します。
両名とも新作も並びますのでぜひ、この機会に足をお運びください。
 


 

丸善・益子焼の世界

濱田庄司・島岡達三 2人の人間国宝と現代作家展
 
会期|2020年2 月26 日(水)~ 3月3 日(火) ※最終日15時閉場
会場|丸善日本橋店3F ギャラリー・特設会場
 
参加作家|
濱田庄司・濱田晋作・濱田友緒・島岡達三・島岡桂
浅田恵美子・岩下宗晶・大塚一弘・大塚菜緒子・大塚雅淑
加守田太郎・川崎萌・栗谷昌克・小林雄一・島田東秋
清水秀輝・菅谷太良・薄田いと・豊田雅代・西山奈津
樋口早苗・福島晋平・村澤享・本巣秀一・横尾聡
吉田丈 計26
 

コラボ企画

『現代益子陶芸家の勧めるビアカップ』
(ビール350ml缶を一番美味しく飲める器の提案)
出展作家が最も美味しく飲めると考える形、大きさ、デザインの究極の器
会期中対象商品ご購入の方はエビスビール350mlを1本プレゼント(※数量限定)
協賛:サッポロホールディングス株式会社
 
丸善日本橋店「丸善・益子焼の世界」
 
 
丸善日本橋店


〒103-8245 東京都中央区日本橋2-3-10
☎(03)6214-2001 FAX(03)6214-2002
営業時間9:30 ~ 20:30
 


今年もどうぞよろしくお願い致します。
管理人:栗谷

ubusunaシリーズ、在庫を追加しました>ubusunaシリーズ

東京ビッグサイトで開催されたIFFT(インテリアライフリビング)に益子焼として出展しました。
utsuwa-MOKURIはオリジナルブランド「ubusuna」の出品をしました。
IFFTカタログ

 
IFFT益子焼ブース

 
IFFT益子焼ブース内装

 
IFFT ubusuna

 
[出品窯元]
utsuwa-MOKURI
えのきだ窯
清窯
Clay Studio2795
道祖土和田窯
JAZZ KOBO
四季陶房
添谷製陶
南窓窯
聖窯
ふくしま窯
 
[ブースデザイン・施工]
星居社(益子)
 
[会場装飾]
星居社・ オフィスましこのね(サポート)
 
[商談担当]
かじ庄(益子)
 
[生け花]
塚本ゆ美子
 
[カタログ制作]
オフィスましこのね
 
[出店]
益子町商工会窯業部会
IFFT(インテリアライフスタイルリビング)
時間: 10:00 – 18:00 (最終日は 17:00まで)
会場: 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 南1・2・3・4ホール
主催: 一般社団法人日本家具産業振興会; メッセフランクフルト ジャパン(株)
IFFT 公式サイト
栃木県宇都宮美術館のミュージアムショップにてubusunaシリーズがご購入いただけるようになりました。
お越しの際はぜひご覧になってください。
 
宇都宮美術館 ミュージアムショップ1

 
宇都宮美術館 ミュージアムショップ2

 
宇都宮美術館で現在開催されている催しやその他の情報は 公式サイト
〒320-0004 栃木県宇都宮市長岡町1077
TEL:028-643-0100
FAX:028-643-0895
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

おすすめ・新着

[%new:New%] 

[%title%]

[%lead%]

[%category%]

カテゴリー

ubusunaシリーズ

utsuwa-MOKURI

ubusunaシリーズ


―その土地で 産まれ 育まれたもの―
ubusunaは益子の土と釉薬を使ったプロダクトシリーズです。
産土(ubusuna)の意味はそのひと(もの)が産まれた土地のこと。
益子の土を使い益子に住む人が脈々と受け継いで来た益子焼。
そのエッセンスを持ち帰り、暮らしの中で生かしていく。
ubusunaをみて 益子の空気を思い出してもらえたらうれしいです。
 

川崎萌 Plenaシリーズ

川崎 萌

Plenaシリーズ


淡い二色のグラデーションが美しいシンプルな磁器のうつわ。
plena という名前はラテン語でプレーナと読み、満ちる、という意味から、心が満たされる、という意味合いを込めて名付けられています。

  ※不定期販売
川崎萌 Farbeシリーズ

川崎 萌

Farbeシリーズ


パステルカラーのバリエーションが楽しめる磁器シリーズ。
Farbeはドイツ語でファルベと読み、色彩という意味です。
 
 

  ※不定期販売 
川崎萌 粉引線彫シリーズ

川崎 萌

粉引線彫シリーズ


10年以上前から作り続けている川崎のスタンダードシリーズ。
シンプルながら飽きのこないデザイン、しっかりとした作りは子どもからご高齢の方、性別を問わず、幅広い方に使って頂くことができます。

  ※不定期販売
川崎萌 おさらシリーズ

川崎 萌

おさらシリーズ


色々な形や色で見る人を楽しませてくれる「おさら」シリーズ。
薄く伸ばした土の板をまるい形や色々な形に切って、縁を手びねりで作っています。
 

  ※不定期販売
栗谷昌克 緑釉シリーズ

栗谷昌克

緑釉シリーズ


釉薬陶器の魅力を十分に感じてもらえる緑釉シリーズ。
見た目の重厚感とは裏腹に手にしてみるとちょっと驚くほどの軽さを実感できると思います。その特性ゆえにひとつひとつ色合いや釉薬の景色が微妙に違いますが、そこがまた魅力となっています。

栗谷昌克 白泥焼締シリーズ

栗谷昌克

白泥焼締シリーズ


以前より展示会などでは人気のシリーズです。
「これ、どうやってるんですか?」
とよく聞かれます。
白壁のような表情の外側と深い緑のコントラストが上品さを感じさせます。
見た目はシンプルですが、実は結構手間のかかるこの作品。
私自身も気に入っています。

栗谷昌克 白泥焼締シリーズ

栗谷昌克

しのぎ緑飴シリーズ


陶芸のスタンダード技法である「しのぎ」をうるさくならない程度に入れ、飴釉、緑釉を数種類掛け分けて表情を出しています。
飴釉は薄いベース色、濃い差し色、緑釉はベース色と流し用のそれぞれ2種類を使っています。
微妙な色の雰囲気をお楽しみください。
器の形やデザインは他の種類と区別できるよう、少し特徴的なフォルムになるよう意識しています。

Instagram

YouTube

うつわ日記

[%article_date_notime%]
[%title%]

※新着5件のみが表示されています。
記事インデックスはこちら